現代の転職活動の実態について考える

現代の転職活動の実態は、大変厳しいと言わざるを得ないでしょう。一番の理由は、日本経済の低迷状態ですが、それだけで片づけられるほど、単純な問題ではないでしょう。なぜかというと、特殊なスキルを所持している場合は、たとえ日本の経済状況が悪かったとしても、転職活動に莫大な影響を及ぼすとは限らないためです。しかし、一般事務としてしか働いた経験のな場合や、あまり応用の聞かない職歴しかない場合、現代の転職活動はかなり厳しいものに違いありません。私の身の回りの多くの転職希望者が利用しているのが、転職情報サイトです。

会社に在籍中に、ひっそりと転職情報をチェックしている人もいれば、退職後に転職情報サイトに登録しそこから転職活動をスタートさせる人もいます。また、紹介予定求人を狙い、派遣会社に登録して、派遣社員として入社し、そこから正社員への道を目指すケースも多く見受けられます。現在の状況では、転職で収入が上がるケースは少ないように思います。日本では終身雇用制度が崩壊し、ある程度の時間が経過したものの、欧米のようにステップアップとしての転職というケースはまれであるように思います。しかし、ヘッドハンティングなどのケースは例外として存在します。もちろんのこと、ヘッドハンティングであれば、年収や待遇が向上されるのは、当然です。日本の現状では、転職活動において、転職回数が大きくその人個人の評価に、直接的に影響を与えます。欧米とは異なり、いくら転職ごとに収入が増えているような状況であったとしても、転職回数が多いということは、ほとんどの場合において、その人の評価に悪影響を及ぼします。

なぜかというと、雇ったとしてもすぐに別の会社へ転職するんではないかというイメージを与えてしますからです。面接をする人事担当者にこのような不安を抱かせないくらいの転職理由があるのならば、話は別ですが、通常は転職が難しくなるケースとなります。転職活動において、企業が注目し知りたがる一番の項目は、なんといっても退職理由です。転職希望者にとっては、シンプルなようでいて、実は大変厄介な項目でもあります。前職の会社に対して、ネガティブなことをいうのはタブーだというのは、今となっては有名な話ですが、それが有名なことは面接官も十分承知です。そこで、面接官を納得させ、悪い印象を与えないなおかつ筋の通っている退職理由を準備する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)